介護の資格

通学に便利な実習施設が利用出来るスクールを選びましょう

介護資格を取得する場合、一定の現場実習が必要になります。現在では、こういった現場実習の施設を全国の幅広い地域から選べるスクールが登場しているのです。例えばアイ・ヘルパースクールが挙げられます。アイ・ヘルパースクールでは、全国の100以上の施設と提携し、現場実習の受けられる態勢で教育を行っているのです。授業はすべて講師による対面スタイルと現場での実習で行なわれます。従って、仕事内容をより具体的に把握することが出来るのです。このようなスタイルで授業を進めるスクールを選べば、実際の仕事の現場でも大いに役立つと言えます。職に就いてからもイメージとのギャップに悩むことなく、スムーズな対応が可能になる訳です。

メンタリティを教育することに力が注がれているのです

アイ・ヘルパースクールでは、介護のノウハウのみならずケアを行なう側に求められるメンタリティを学ぶことに特に力を注いでいます。介護従事者の質の問題が議論されている昨今では、こうしたアイ・ヘルパースクールのような取り組みを行なうスクールも増え始めているのです。介護従事者の質の向上を目指すのが最近の介護スクールの傾向と言えます。アイ・ヘルパースクールでは、そのため現場での教育を重視し、時にイメージのギャップが生じてしまう通信添削による指導は取り入れていないのです。現場での実習は介護のプロとしての自信をつけるためにも役立ちます。社会の中で自信を持って働けるような人材を育成するのが、最近の介護専門学校なのです。