理学療法士の資格

理学療法士の仕事とは何か

病気やケガなどで生活する上で支障がある場合には、リハビリを受けて回復をめざすことになります。そのリハビリの訓練で指導、運動機能の向上の手助けをする人が理学療法士の仕事となります。 この理学療法士は、人にとって必要な基本となる動作について改善を目指す人となります。寝転がるや起きる、歩くなどの動作について筋肉強化や可動域を広げるといった運動機能についての専門家となります。 起きるや歩く、トイレに行くなどが一人ではできなかった人が理学療法士の訓練で出来るようになることが目的となるのです。 理学療法士になるためには、国家試験を受けて合格する必要があります。そのためには、国や地方自治体が指定する学校に行くことになります。

資格を取得するための学校について

理学療法士になるためには、国や地方自治体が指定する大学や短大、専門学校などの学校に入学して勉強することになります。 最低でも3年以上、専門的なことと技術を学校で学ばなければいけないのです。 4年制大学、短大、専門学校でも3年以上となります。ただし、作業療法士の資格を持っている人であれば2年だけでも受験資格を得ることができます。 理学療法士は運動機能が低下した人のためにその機能の向上のための治療を行いますが、運動機能を失ってしまった原因については問われることはありません。 つまり、これから高齢化社会が進む中で高齢であるために生活に支障をきたしてしまう人が増える傾向にある中で、理学療法士の存在はとても重要となるのです。